名前シールの思い出について

小学校低学年の生徒たちの持ち物にはほぼ全部母親が手書きで名前を書いた名前シールが貼られています。これは小学校低学年の生徒が持つ持ち物はほとんど他の生徒と同じものだからです。高学年になってくるとその子の個性が出てきて、同じ用具でも別の人のものだと認識できるようになりますが、小さいころはそうはいきません。わたしも小学校低学年の頃は名前シールを持ち物に貼っていました。わたしの母親は書道をやっていたため字がとてもきれいで、きれいな名前シールを貼っているのが誇りでした。というか親は字がきれいなものだと思っていましたから、字が丸いお母さんのシールをつけている子などは不思議に思っていました。けれども大人になって、自分がそんなに字がうまくない大人であるために、字がきれいだというのは得なのだと思うようになりました。


名前シールのオリジナルを自分で作ろう

名前シールってどこかショップなどに注文するのもいいけどパソコンとプリンターを持っているなら自宅で自分の好きなようにそして格安で出来ると思うんです。実際に私もシール系のものは自宅で印刷してイラストを入れたり名前の部分も好きなようにして印刷したことがあります。ショップなどに頼むとどうしても金額的なことで諦めた人もいるんじゃないかと思います。確かに材料などは買わないといけないからそれなりに費用はかかると思いますが自分で印刷してする分思うようなものが作れたりするから子どもなどの名前だけじゃなくて色んな雑貨や他にも中に入れたものがなんなのかを表示する為のものでも自分だけのオリジナルのシールが作れるからそういうのをすべてひっくるめてシールを自分で作ってみるというのは楽しいだろうし見ているだけでも楽しくなるようなものが作れるんじゃないかと思います。


名前シールで楽々名前付け

幼稚園や保育園に入園すると自分の持ち物にはすべてお名前を付けなくてはなりません。箸などの細かいものから、クレヨン一本に至るまでお母さんの作業は大変ですよね。コップなど頻繁に洗うものはすぐに消えてしまいますし、何度も書き直す事もあります。そんな時は楽に出来るようお名前シールが便利です。お子さんの名前をすでに刷り込まれた物が良いでしょう。防水の物も最近は優秀なようです。大小様々ありますから小学生にも便利です。小学生は一年生に入ると算数セットなど細かな名前付けが沢山あります。おはじき一つ一つに名前を付けて、数を数えるお勉強に使う細かな棒にまで名前をつけるのです。徹夜仕事のお母さんもいるそうです。小学一年生入学用のおはじき用とかのお名前シールセットもあるそうですよ。学校によっては用意してくれる学校もあるようですからママ友などから情報収集し、準備がないなら、購入するのも良いかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*